代表取締役CEO砂川昇健

代表取締役CEO
砂川昇健

“(株)ベアフォスターホールディングス” のホームページをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

その昔、私は埼玉のマンションの一室で起業しました。自らが制作したソフトをノートパソコンにインストールして、飛び込み営業でデモンストレーションを行ない、販売してきましたが、幸いにもその後、新宿の雑居ビルに移転し、社員も何名か採用する事ができるようになりました。ある日曜日の夜中、雑居ビルから高層ビルを見上げると、明かりがポツポツと、仕事をしている様子です。 “高層ビルで働く人たちすごいな” だけど俺も頑張っている。新たな目標ができた瞬間でした。そして数年後、幸いにも高層ビルへ移転することができました。それまで “高層ビルに引っ越すなんて絶対無理” と言っていた社員も大喜びです。

数年後、 “研修施設建設” の計画がもちあがり、さっそく完成予想図をデザインし、設計施工会社に予算を出して貰ったところ、どの会社も「4億~5億」は掛かるとの事でした。私達の予算は、その半額以下です。「砂川さん、その予算じゃ絶対無理ですよ」・・何十社もの設計施工会社にお願いし、その中からようやく契約にいたると共に、自らもスコップを手に施工に参加し、見事予算内で完成させることができました。「不可能を可能にする」私達は「情熱企業」であり「実行力企業」でありたいと想う “イズム” を持っています。今後は、キッズスクールの全国展開を目標にし、技術者が70歳になっても80歳になっても、講師やキッズスクールの運営で老後の収入を確保できるステージ作りを進めていきます。また、社員に観光地のコンドミニアム(貸別荘)を分譲し、その売上と収益を、社員が作る共同体コンツェルン企業で、介護施設や温泉施設などの建設運営の投資を行ない、収益と働く場を提供していきます。この計画を “ティーダ計画” と呼び、実現に向けて実行してまいります。私達の活動にどうぞご期待下さい。